地震に強い家が欲しければ「震度7に何度も耐えた」「耐震等級3」の家はやめておけ!

地震に強い家が欲しいですか?

 

こんにちは!住宅の知識おばけの加賀です^^
加賀
加賀

普通に考えて地震に弱い家が欲しい人は一人もおられないと思いますが・・・

まだ、記憶に新しい東日本大震災、熊本震災、北海道震災など頻繁に大地震は発生しており、
日本は住宅において地震対策を必ず考えなければならない国です。

ご存じですか?
今後30年以内に発生する可能性が極めて高い「南海トラフ地震」の恐怖を。

「南海トラフ地震」は今後30年以内に70~80%以上の確率で発生する超広域巨大地震災害です。

被災範囲は「太平洋側の九州から関東」と言われており、
日本政府もこの災害を重警戒しており、超広域被害を想定して、
対応ガイドラインの作成、備蓄の確保等、防災、減災の計画を立てています。

 

震度とガルの違い

さて、ここで質問です。
あなたは地震の強さの単位でイメージしやすいのは震度じゃないですか??


当たりました??

テレビのコマーシャルでもとあるハウスメーカーが
「震度7に何度も耐えた!」などと聞き馴染みある売り文句で謳っているのを見たことありませんか?
コマーシャルを見る側としては

一条さん
一条さん
「震度7に何度も耐えたなら強そうだなぁ」

と思いませんか??

でも、「震度7に何度も耐えた」くらいでは
「全く耐震性が不十分」で南海トラフクラスの地震が発生した場合、
安心できない可能性が高いです!!

何故かというと、建築のプロが使う地震の強さの尺度「ガル(gal)」
今まで起きた災害と耐震等級からわかりやすく説明しますね。
(ガルなんて聞いたことないですよね??)

まず以下各災害のガル(gal)数を見てください。
※ガルは加速度の単位で0から無限大まで地震エネルギーの規模を表せます。

  1. 阪神淡路大震災:約800ガル ←日本の耐震基準を変えた地震です。
  2. 熊本震災:約1600ガル
  3. 東日本大震災:2000ガル以上
  4. 今後発生 南海トラフ地震1300ガル以上

ここで!問題①
何ガル以上あれば「震度7」となる可能性が高いと思いますか?
→ 600ガル以上・800ガル以上・1000ガル以上


回答 → 震度7は計算上600ガル以上の地震で震度7となります!

さらに!問題②
「震度」は7より上はあると思いますか?(震度8とか9とか)
→YES or NO


回答 →NO!震度8とか9とかは存在しません!

 

震度7に耐えられる家は弱い

つまり「震度7に何度も耐えた家」と謳う家は言い換えると
「600ガル程度の地震を何度か耐えました」と解釈もできます。

ここで気づきませんか。

せきすいさん
せきすいさん
「あれ??震度7で比較してしまうと、実際の地震の大きさ、規模が違うのに震度は一緒だし...震度で比較するのはうまくないのかも。」

さらに掘り下げると...
「ハウスメーカーのコマーシャルで、震度7に何度も耐えた!と言ってたけど、
地震実験でぎりぎり震度7になる600ガルで実験をしていたら、
これから来る南海トラフ地震1300ガルの半分以下のエネルギーで実験してない??
あれ、地震に強くないよね??」

と気づけますよね!!

そうなんです!
各メーカーは本当にあなたの住宅に対する知識不足を利用して、
言葉巧みに自分のところの家を強く見せかけてきますので、本当に注意してください。

更にここまで震度・ガルの話を理解していれば
「耐震等級3(構造等級最高ランク・建築基準法最高ランク)」の秘密も解き明かせます。

結論から言うと「耐震等級3」は‘’倒壊しない家‘’ではありません。
かなり耐震性が低い家だと思ってください。

ここで、また問題です。
「耐震等級3」の家は「何ガル」まで対応していると思いますか?

① 震度7の最低値600ガル

②阪神大震災の800ガル

③南海トラフ地震の1300ガル
(↑建築基準法の最高峰を誇るレベルの耐震性なので③を期待しますよね??)


今回はさすがに騙されなかったですよね?
正解は①の「600ガル」です。

「あれ、国の最高基準なのに600ガルなの!?」と思いませんか??
思いますよね??
僕も最初調べてみたら日本の基準の脆弱さが見えてしまい恐怖を覚えました。

 

建築基準法がメチャクチャ

どうしてこんなにレベルが低くなっているかというと、
実は耐震等級を決める‘’建築基準法‘’がとても基準が低いからです。
建築基準法では耐震についてこう謳われています↓

「100年に1度起こりうる大きさの力に対しては、損傷は受けても人命が損なわれるような壊れ方をしないこと」

↑この文章を噛み砕いた表現にすると...

「住宅を建てて、1度だけ大きな地震(600ガルを想定)に遭遇して、
家は壊れてもいいけど、家に住んでいる人の「命」が守られるのであれば耐震等級3あげちゃう!!」
(↑今後の地震を想定すると怖くないですか??)

という、とてもゆるい基準であり、建築基準法は「家が倒壊しない基準」で謳っていないことがわかります。
つまり「1度の地震に耐えて、人の命が守られればOK」であり
2度目の余震、地震の事は全く触れられていないんです!!

(僕はマジか日本?!大丈夫か?と思いました)
加賀
加賀

建築基準法の基準の弱さが露呈して被害が大きかった震災が「熊本大震災」です。
この災害は日本の災害史上初、前震・本震と震度7が2回発生した地震です。
最大加速度は約1600ガルと言われています。

この地震では1度目の前震では倒壊しなかった
新耐震基準の家も2回目の本震で倒壊してしまった家が多かった震災です。
(大手ハウスメーカー築浅鉄骨造も倒壊しています)

つまり、1度目の大きい地震を耐えても、
何度も大震災が来ることを想定して作られた「余震に強い家」を考えなければいけません。

あなたが展示場に行って耐震性を営業マンに聞くときはこう聞いてください↓
「地震には強いんですか?」とざっくりと聞いてください。

営業マンの説明の中に「震度7に何度も耐えた。」
「耐震等級最高ランク3」などのキーワードが出てきたら選ばないほうが良いです。

 

建築基準法のレベルが低い理由

ちなみに、なぜ日本の建築基準法はレベルが低いかご存じですか??

それは...日本は「建築業者・大工さんが多すぎる!」からなんです!!

さらには今 僕が「父の弟子です!!」

「僕は大工です!!」と言うと
日本では僕は大工さんになることができます。

一条さん
一条さん
「え??意味わかりません」

...そうですよね。笑

なんで僕が急に大工さんになれるかというと大工さんの「資格」が日本には無いからです。
資格がないので、名乗れば日本は誰でも大工です。

言ってみれば極端な話

中学を卒業したばかりでも
60歳で無職の人でも
就職して1か月目の人でも

誰でも名乗れば大工なのです。

日本は建築業者や誰でもなれる大工さんが多すぎるため、
建築基準法の基準を上げてしまうと失業率が増えてしまいます。(新基準に対応できる人が少ないからです)

失業率が増えてしまうと日本は「不況」になりますし、
自民党さんの支援団体でも多いのは‘’建設業‘’で得票数の観点からも
建築基準法のレベルを上げることは日本の構造上、なかなか難しいからです。

仮に、日本の建築基準法が世界レベルのものに改定されるとすれば現在は耐震等級1・2・3だけしかないですが、
耐震等級4・5・6・7・8・9...と増えていきます!

耐震等級の数字が増えれば、あなたも耐震性能が細かくわかって親切だと思いません??
僕は法律を改定してまでやるべきだと思います。

ちなみに、ハウスメーカーの営業はそれぞれのメーカーで
自社の家を気に入らせる「キラートーク」なるものを話法構築しています。

そのキラートークで「耐震等級3を自慢しているメーカーがあったら絶対選ばないで下さいね!」とか
「もし耐震基準が新しく制定されれば弊社は構造等級12ですねぇ」とか
素敵でわかりやすい説明をしてくれるメーカーもあるので、出会ったらラッキーですね!

いかがでしたが??
「震度7に何度も耐えた」「耐震等級3」のあなたの印象は変わったでしょ??
これで1つ耐震性の比較ができるようになりましたね♪

ではまた~^^

加賀

加賀加賀のプロフィール

記事一覧

世間で大手と呼ばれるハウスメーカーで家づくりのコンサルティングを10年以上行ってます。
年齢30代、妻、息子の3人家族
高校、大学と建築を学び、工業高校の教員免許もあります。
また、父(もうすぐ70歳)が現役宮大工で
僕が小さい頃から現場手伝いをしているので、
現場の知識も持った建築に特化し過ぎた経歴を持ってます。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。