【子供部屋】で子供を賢くすることができる!?戸建でも賃貸でもできる間取りの工夫

こんにちは^^
住宅コンサルタントであり教員免許も取得している加賀です♪
加賀
加賀

今回は住宅のコンサルでありながら、教員免許も持っている僕が、
「間取でお子様を賢くできる」ポイントをお伝えします。教育熱心のパパママ必見ですよ!!
これを見る事であなたのお子様とのコミュニケーションの機会が増えて
お子様の成長がより楽しみになりますよ!!
また、お子様に掛かる生活費の圧縮にも繋がりますのでお得な情報満載です。

1. なぜ、賢い子に成長してもらう為に「間取り」が重要か

住まいは、人間が生涯生活をする場としてあり続けます。
また、その「生活をする場」から習慣が生み出されて、1つの人格を形成していきます。

人格形成の初期の幼少期から「生活する場」に
どういった工夫をしているかという点がとても重要なんです!

工夫を凝らした間取とそうでない間取では
お子様のコミュニケーション能力や応用力に差がでてきますし、
間取りの工夫によって家族仲をより円満にすることもできるんです!

そんなお家が出来たら素敵じゃないですか??

僕は今2歳の子がいますが、工夫凝らしたので毎日楽しいですし
子供の成長を沢山感じるので、これから家づくりをされる方や、
今のお家を工夫したい方は是非読んでくださいね♪

2.子供をゆがませる間取り

まずはこの間取りを見て下さい↓

出典:ホームズHP

どこかで見たことありませんか??
そうです!ドラえもんの「のび太くん」の家です。

なぜこの間取りを見て頂いたかというと
こどもをゆがませる間取り」の代表格だからです。

この間取りの問題点はたくさんあります。

 

■のび太の家の問題点

 

  • ① のび太の部屋が広い!(部屋でなんでもできる大きさ)
  • ② 宿題勉強する場所が子供部屋だけ
  • ③ 玄関から子供部屋まで行くまでの間、親の目が届かない間取になっている
  • ④ 親の目が届かないのに更に「タケコプター」で2階の窓から子供がいなくなる
  • ⑤ 個人的にはドラえもんがいる時点でダメ人間になりやすいと思う

※④と⑤はのび太君だけの問題だと思うので解説しません。笑

以上、のび太くんの間取りは実は「子供をゆがませる間取」として有名です。

ちなみにですが、“子供をゆがませる「間取り」”として
出版されていてamazonでも購入できます。

この本は僕も読みましたが、新潟少女監禁事件、酒鬼薔薇事件など、
凶悪事件の病巣は彼らが育った「間取り」にあったとする説を解説していて、

建築をやっている人間としては妙に説得力があり、“自分の家も気を付けよう”と思うほどです。
加賀
加賀

3. 子供部屋の問題点解説

では、なにが問題点か解説していきます。

問題点① のび太の部屋が広い!(部屋でなんでもできる大きさ)

あなたは自分の子供にどれくらいの部屋の大きさを与えたいですか??
展示場にいらっしゃるお客様のほとんどが「6畳以上」と回答されます。

実はこの広さだと「子供を賢くする」という思惑からは遠のいてしまいます。
なぜかというと、のび太くんのように6畳以上ある部屋には「なんでもできる」からです。

6畳部屋は、ベッドも机も、パソコンもテレビも置けて
何も不自由しない子供にとっての「楽園」を築けてしまいます。
これは子供が成長した際に、親との些細なケンカで自分の部屋に閉じこもる可能性を高めてしまうのです。
先程紹介した本の中の凶悪犯罪を起こした子供の間取りは広い部屋に住んでますからね。

親子の些細なケンカはいろいろありますが代表例が
「観たいテレビが観られない」など本当に些細なことがきっかけで
子供は不満を解消できる自分の城に行ってしまいますからね。
そこで親子とのコミュニケーションの場が断たれてしまうんです。

問題点② 宿題勉強する場所が子供部屋だけ

実はこれも子供が自分の部屋に行くきっかけを与えてしまうので、
お子様が小学生までは自分の部屋ではなく、「リビング」や「ダイニング」で勉強させた方が良いと言われています。

なぜかというと。。東大に合格した人の83%が「リビング内勉強」をしているからです。

↑説得力ありません?

これは、自分の部屋で勉強をするぞ!!というのは心理学的には
「勉強のハードル」を著しく上げてしまうため、結局勉強が嫌になってしまい、
学習する習慣を失われる行為になってしまいます。

「テレビを見終わった後、リビングの傍らで勉強。」
「おやつを食べ終わった後、すぐ机に勉強道具を広げて勉強。」
「お母さんがキッチンで料理をしている傍らで勉強」
など、簡単に勉強ができる空間であれば
「学習の習慣化」ができるためお子様を賢くする確立を上げることがあります。

一説によれば勉強しているお子様の斜め後ろから
親が見守れるような空間を作るとより集中力が上がると言われています。

また、子供部屋でこもって学習している子と比べて、
リビング内などの色々な生活音がある場所で勉強する子は、
「学習中の雑音」に慣れていて、試験の際に
「アナログ時計の秒針の音」「他の人が文字を書いている音」
など集中力が削がれるような音に対して強くなるのでテストの点数が伸びるとのデータも存在します。

問題点③ 玄関から子供部屋まで行くまでの間、親の目が届かない間取になっている

これは問題点①にも通じるものがありますが、
例えば子供が学校から帰ってきた際に、親はキッチンかリビングにいたらいかがですか??

子供がせっかく帰ってきたのに「ただいま!」を顔も見ずに声だけで交わすことになります。
もしくは、前日にお子様とケンカしてしまっていたら
「偶然顔を合わせて謝るチャンス」が減ってしまうので、子供が部屋にこもる確率を上げてしまいます。

間取をこれから作成される方は、暖かさそうな家でしたら階段位置をリビング内にしてみましょう!
コミュニケーションの機会が増えますよ!!

4.子供を賢くする間取りとは

ここからは、お子様を「賢くする間取り」のポイントを解説していきます。

① 子供部屋の大きさは3~4畳(収納別で)

今あなたは「せまっ!!」と思いませんでした??笑
せまい!と思われたあなたはご自身のスケールで狭いと思っているだけで子供は4畳でも6畳でも与えられた初めての部屋はどちらでも「嬉しい!」と思ってくれます。

実は子供部屋は「ベッド」と「机」が置ければOKなんですね!
その最低限の部屋の大きさが収納別で「3~4畳」になります。
ただし、皆さん最終的には4.2畳とか4.5畳くらいに落ち着きますが、、、

なぜこの大きさかというと
「子供部屋にこもらせないため」です。
子供をゆがませる間取では部屋でなんでもできることが問題だとしてきました。

では凶悪犯罪を起こした人の、広い子供部屋に「何が」あったかご存知ですか??
当時僕も衝撃を受けましたが、少年Aは部屋のバルコニーに猫の解剖死体があったんです。

部屋が広く、なんでもできるというのは空間として素敵ですが、
多感な子供の成長を見届けるチャンスが減るというのは親にとっては損失だと思います。

親のエゴで6畳あげたい!というお気持ちは十分理解できますが、
子供部屋は本当に「寝るだけ」くらいの部屋で充分です。
子供が部活なんて始めたら、朝から晩まで部屋使いませんからね!!笑
そんな空間を広くする必要ありませんし、
他の主寝室や二階のホールを広めにしてなんでもできる
ユーティリティーを作った方が間取りとしては使い勝手良いですよ。

子供部屋は、これから新築をされる方は2部屋くらい欲しい方が多いと思いますが、
1部屋を8畳にして入口を2つ付けておいて、
最初はちびまるこちゃんの部屋のように2人でシェアさせて、
自分の部屋が欲しくなったら壁を作って分けてあげる間取りをオススメします。

また、4畳原点で育った子は一人暮らしをする際に、
6畳の1Kで満足してくれるので6畳で育った子と比べて
家賃などの固定費が月々1万円、年間12万円以上抑えられるので大きくないですか!?

ですので、僕の家も実践してます。
子供部屋3畳を2つ繋げて、6畳の部屋にドアを2つ付けて将来分けられるように準備してます。
3畳は個人的に狭いと思いますが、今ロフトベットという素敵な家具があるので、充分な広さです。

② リビングダイニング内に勉強スペースを作ってあげる

これは、問題点で解説したように多くの東大生が実践しているのでおススメです!
是非スペース確保してください。

③ リビング内階段

リビング内階段は子供の成長を見守る上では有効ですが注意点があります!

それは「寒い家」では絶対にやってはいけません。
暖かい家でしたらリビング内階段OKです。
理由は寒い家でリビング内階段にすると
光熱費がものすごく高くなってしまうのと、冬、家が本当に暖まりません!

基本的に、寒いハウスメーカーでも間取りの納得度を上げようとして、
リビング内階段をお勧めしますが、暖かくない家では苦痛でしかないので注意してください。

本当に暖かさは大事ですね!

④ テレビの横に地球儀と辞書を置く


これはすぐに実践できるものです!
今、テレビでも「世界の果てまでいってQ」や「クイズ番組」が多いです。
お子さんとテレビを見ていて「国の名前」や「わからない言葉」が出てきたら、
すぐにお子さん自身が調べられるような場所に地球儀と辞書をおきましょう!!
調べたら、マーカーなどして痕跡を残してください。
※辞書は本で用意してくださいね!電子辞書はダメですよ!!
調べた形跡が残らなくなってしまうので学習癖が付かなくなります!

子供部屋まとめ

いかがでしたか??新築の方はとりあえず6畳あげたい。
と思ってませんでしたか??
些細な工夫でお子様の学習癖であったり習慣をコントロールできるので、
間取りの工夫は大事ですよね!
僕の子も学習癖が付くように夫婦で試行錯誤しながら成長見届けているので、
またほかの工夫ポイントを実践してみて効果的でしたら伝えますね!

ではまた~♪

加賀

加賀加賀のプロフィール

記事一覧

世間で大手と呼ばれるハウスメーカーで家づくりのコンサルティングを10年以上行ってます。
年齢30代、妻、息子の3人家族
高校、大学と建築を学び、工業高校の教員免許もあります。
また、父(もうすぐ70歳)が現役宮大工で
僕が小さい頃から現場手伝いをしているので、
現場の知識も持った建築に特化し過ぎた経歴を持ってます。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。